キットカンパニーは 高齢者の住まいについて 無料でご相談・ご紹介・ご見学予約を承ります

キットカンパニー株式会社

0120556775
mail

ホーム利用者の介護保険と医療費~黒澤さんへの手紙6通目

黒澤さん、こんにちは。
質問のあったホームに払う月額費用の中で介護保険と医療費について説明します。

介護保険は40歳以上の人が介護保険料を払い、介護が必要になった人の介護サービスにあてられます。
原則65歳以上で介護が必要になれば役所に申請をして認められると介護サービスを1割で利用することができます。

一番軽いランクが要支援1から始まり要支援2、要介護1,2,3,4,5まであります。
要介護5が一番介護度が重たいので一番多く介護サービスを1割で受ける事ができます。
また介護保険には2種類あり自宅などで暮らして利用する在宅介護サービスと老人ホームで利用する施設介護サービスがあります。
それぞれの特徴は在宅介護サービスは実際に利用した介護サービスについて費用を支払います。
例えば同じ介護3の方でもオムツの交換が1日に3回の人もいれば5回の人もいます。
在宅サービスの場合は利用に応じてなので3回の人と5回の人では介護サービスの金額は違ってきます。 しかし施設介護サービスの金額は介護度によって決まるのでサービスの種類や量によってかわる事はありません。

介護付老人ホームに入居したに要介護3の方は同じ費用です。
細かい事を言うとホームの所在する地域によって若干の違いはありますが違っても月額数百円程度です。
但しどちらも上限あるのでそれを超えるサービスについては実費となります。
例えばホームでの入浴回数の規定が週2回であれば3回目からは追加の費用がかかります。

ホーム入居が決まっている要支援1の横浜の森田さんがいらっしゃいました。
でも森田さんは介護を認定された時より数か月たちより重たい=介護がもっと必要な状態になりました。
森田さんのご家族は家での介護だと介護認定が重たい(要介護5に近い)方が介護サービスを1割負担でより多く利用できるので介護認定を再度申請(区分変更と言います)して介護度を重くしてもらおうと思いましたが、ホームに入居した場合は介護度が軽いほうが介護サービスの負担金が安いのでどうすれば良いかとの相談がありました。
答えは森田さんのような場合も含めて必要に応じて区分変更を申請するのが良いと思います。
仮に要支援1でホームに入居してもホームのケアマネが介護度が違うと判断すればホーム側が区分変更を提案します。ですからずーと要支援1でいくことはできないんです。

ちょっと長くなりましたが介護保険についてはこんな感じです。