キットカンパニーは 高齢者の住まいについて 無料でご相談・ご紹介・ご見学予約を承ります

キットカンパニー株式会社

0120556775
mail mail

筋萎縮性側索硬化症

簡単に

○筋肉を動かす神経がうまく働かなくなる指定難病のひとつ。
○ALSとも言われる。

 

詳しく

筋萎縮性側索硬化症とは指定難病のひとつで筋肉を支配する神経に異常が起き、体が動かしづらくなる疾患です。
ALS(Amyotrophic Lateral Sclerosis)とも言われます。
原因が全くもって不明であり、個人差はありますが進行性が早いのが特徴です。

 

症状としては、上肢、下肢麻痺や嚥下困難、呼吸障害などが挙げられます。
遺伝性はないとされていますが、まれに家族間での発症がみられます。

参照:嚥下障害

 

筋肉そのものに問題が生じるのではなく、筋肉を動かすために働いている神経系が消失していくため、根本的な治療法も存在していません。

 

参考:筋萎縮性側索硬化症(ALS)(指定難病2) 難病情報センター