キットカンパニーは 高齢者の住まいについて 無料でご相談・ご紹介・ご見学予約を承ります

キットカンパニー株式会社

0120556775
mail mail

経鼻経管栄養

簡単に

○チューブを用いて鼻から栄養を注入する栄養摂取方法の一つ。
○手術がいらず、処置後自宅で過ごすこともできる。

 

詳しく

経鼻経管栄養とは鼻からチューブを挿入し、栄養剤を体内に注入する栄養摂取の方法です。
患者自身の消化器官を使うため、点滴などから栄養を取る方法より体への負担が少なく、装着に際して手術の必要もないため安全面やコスト面でも優れています。
嚥下障害を患った場合や消化器官の手術を行った時の一時的なものとして利用されることが多いです。

 

管の挿入は簡便ですが、管が誤って肺に入ってしまうために起きる誤嚥の危険性や感染症のおそれ、管の不快感があります。

 

また栄養を注入できるのは医師とその指示を受けた看護師、患者の家族と一定の研修を受けた介護福祉士などになります。

参照:たんの吸引等研修

 

チューブが体内から抜けてしまった場合は介護福祉士では対処することができません。
老人ホームを選ぶ際には、24時間看護師が常駐しているホームや医療・看護体制が整ったホームを選ぶと安心でしょう。

 

なお経鼻経管栄養の期間が長くなる場合には胃ろうなどを他の栄養摂取方法を検討することもあります。

参照:胃ろう