キットカンパニーは 高齢者の住まいについて 無料でご相談・ご紹介・ご見学予約を承ります

キットカンパニー株式会社

0120556775
mail mail

塩分制限食

簡単に

○塩分が制限された食事のこと。
○塩分摂取量一日当たり6gが目安。
○老人ホームなどで提供される食事は朝昼夕で塩分が6g以下に調整されていることが多い。

 

詳しく

塩分制限食とは料理に使用されている食塩が計算、制限されている食事のことをいいます。

 

塩分を取りすぎると、血圧が上昇し一般的に言われている高血圧になりやすくなります。
高血圧は脳卒中や糖尿病などのリスクを引き上げます。

 

日本高血圧学会は一日の食塩摂取量として6gを推奨しています。
WHO(世界保健機関)は成人の一日食塩摂取量を5gに定めました。

 

令和元年度(2019年)では日本の成人の平均食塩摂取量が10.1gとなっています。
また年代別にみると男女ともに60代の摂取量が他の年齢と比べて高くなっています。
参考:令和元年国民健康・栄養調査

 

最近では塩分量を調整したご飯を提供する老人ホームも増えてきました。