キットカンパニーは 高齢者の住まいについて 無料でご相談・ご紹介・ご見学予約を承ります

キットカンパニー株式会社

0120556775
mail mail

介護支援専門員

公開日:令和3年(2021年)4月1日

 簡単に

○ケアマネージャーの正式名称。

 

※以下この記事は『ケアマネージャー』と同一です※

 

○要介護者が介護サービスを利用するためにケアプラン(介護サービス計画書)を作成し、適切にサービスが利用できるようマネジメントをしてくれる。
○介護サービスを利用するためには基本的にケアマネージャーが必要。
○ケアマネージャーの勤務先は多岐にわたる。

 

 詳しく

介護支援専門員とは介護保険制度に基づき、要介護者等にケアマネジメントを行う専門家のことです。
ケアマネジメントとは、介護支援を必要とする要介護者等が適切にサービスを受けられるための手法のことで、大まかに以下の流れで行われます。

課題の分析・ニーズの把握(アセスメント)

ケアプラン立案・作成 事業所・他部署との連絡調整

検証・見直し(モニタリング)

介護保険を使ってサービスを受けるためにはケアプランの作成が必須です。
このケアプランは要介護者本人やその家族が作成することもできますが、状況などを客観的に見つめ、それにあった介護サービスを選定するのは難しく手間もかかります。
そのため専門家であるケアマネージャーが要介護者の状況を個々に分析し、目標とする生活を送るために必要な支援とは何かを、専門的知識をふまえて作成することがほとんどです。

ケアマネージャーになるには公的資格である『介護支援専門員実務研修受講試験』に合格し、その後介護支援専門員実務研修を修了、登録簿へ登録をする必要があります。
試験の受験資格は医療・介護・福祉分野の資格を有し、さらに5年以上の実務経験があるものと決められています。
ケアマネージャーとして働くには豊富な実務経験と専門的な知識を持つことが求められているといえます。

ケアマネージャーの在籍している場所は様々で、居宅介護支援事業所や老人ホーム、地域包括支援センターなどが挙げられます。
在宅の要介護高齢者を支援する場合を居宅ケアマネージャー、老人ホーム内の要介護高齢者を支援する場合は施設ケアマネージャーといわれることもあります。

有料老人ホームに入居し生活するには、施設内や近隣の事務所に在籍しているケアマネージャーによるケアマネジメントが基本的に必要です。
どのような介護を受けたいか相談してみるとよいでしょう。

 


ご相談はキットカンパニーに。
相談を含め、見学同行など全て無料です。